• ホーム
  • ブログ
  • 安全帯 中古【教えて!】安全帯の中古って安全なの?

安全帯 中古【教えて!】安全帯の中古って安全なの?

2017年1月16日

安全帯 中古【教えて!】安全帯の中古って安全なの?

①結論からお伝えすると、NOです!きちんと新品を買いましょう!

安全帯に関しましては、中古購入はお勧めいたしません。決して安全ではないからです。

NG1

安全帯には、ハーネスタイプのものでも腰ベルトタイプのものでも、ショックアブソーバーがついております。いざという時のため安全帯ですが、その「いざ」という時は、高所から落下してしまったときです。その落下の衝撃を緩和させる役割を果たすのが、ショックアブソーバーです。そして親綱そのものも、落下時の衝撃を受けます。そのため、一度でも落下したものに関しては、ショックアブソーバーは役割を果たし終えたものになっております。例え、小さな衝撃を受けただけだとしても、親綱、留め具、安全帯の全ての部品がなんらかの形で衝撃を受け、変形している可能性が高いです。紫外線による劣化も品質を落としていきます。未使用で、紫外線に当てずにきちんと保管されたものでない限りは、「新品同様」ということはできないのです。ブランド物のハンドバックなどと違って、細かな強度計算をして、実験をして作られる「命綱」の安全帯は、傷や痛みが致命的にその価値を下げ、役割を果たさないものとなります。

②安全性と使用期間の問題

安全帯の安全性を確保するためには、作業環境に合せた正しい使い方をするほかにも、使用期間を守る必要があります。使用開始年月日から2年ないし3年使用することができるのですが、安全帯に縫い付けてあるネームタグに、使用年月日を記入してあるかどうかも、中古の安全帯を使用するにあたり、NGとなる点です。いつ使い始めたものであるかで、使用期間が変わります。そして、使っていなかったとして、使用年月日が記入されていなかったとしても、その保管状態によっては使用していたのと変わらない劣化があるのです。

NG事務長

摩擦はなかったか?紫外線は浴びていないか?ネズミなどの小動物、湿気、劣化の原因は使用していなくても考えられます。使用期間が永久ではない安全帯の中古は、安全性が高いとか言えません。

 

③安全で安く安全帯を買うなら、ハーネス・プロで

それでは、安全帯をお値打ちに購入する方法はないのでしょうか?

いいえ、ハーネス・プロでしたら、きちんとした保管方法をしておりますので、未使用のものをお届けいたします。

OK

使用期間とは別に、製造年月日が刻印されているため、企業様に普通にお売りすると嫌煙されてしまう未使用で安全な安全帯をお値打ち価格で提供しております。また、撮影のためにパッケージから外したもの、安全に支障のないようがな小さな傷のあるものなど、様々な理由で安全で安い安全帯がご用意できています。ハーネス・プロは、実店舗を3店営んでいる会社ですので、常に安全帯の在庫数は充実させております。お客様に満足していただけるよう、在庫数は売り切れを出さないように十分に確保しております。新商品の取り入れも積極的なため、逆に製造年月日から2年近く経過した商品も随時出てきてしまうのです。それをお安く提供することは、安全確保もされており、お客様にも喜んでいただけることとなりますので、ハーネス・プロは中古ではなく、新古の状態でのお値打ち提供を積極的にしております。どうぞご利用くださいませ!

 

お値打ち安全帯はこちら。

 

※安全帯は使用していなくても最大使用可能期間は7年です。それを経過したものは使用しないで下さい。またそのようなものをハーネス・プロが提供することはありません。

ブログトップへ戻る